インターハイとはどんな意味があるの?

全国高校総体の別称として
すっかり定着している「インターハイ」。

でも
インターハイってどんな意味があるんでしょうね。

なぜインターハイと呼ぶのでしょうか。

気になったので調べてみました。




スポンサードリンク





インターハイとは

インターハイとは
全国高等学校総合体育大会(高校総体)のこと。

なぜ高校総体のことを
インターハイと呼ぶのか

インターハイは
「Inter-highschool championships」の略なんですね。


ああ、なるほど
そうだったんですね~。

だから
インターハイ、というのですか。


ちなみに
高校総体はインハイとも呼ばれています。

インターハイにインハイですか。

また一つ勉強になりました^^



ところで
知らなかったのですが

インターハイは、全日制にかよっている高校生を対象にしているんですね!

では
定時制や通信制に通っている高校生はどうなるのか、というと
全国高等学校定時制体育大会のほうに参加することになります。

全日制高校とそうでない高校は
それぞれ別の体育大会があるんですね。

なるほど。


高校総体というと
8月に開催される大会で知られていますが

その他にも
全国高校駅伝
全国高校ラグビー大会
冬季大会(スケート・アイスホッケー・スキー)

も、インターハイに入ります。

8月に開催される高校総体は
夏季大会とも呼ばれてるので

なんだか国民体育大会を連想させますね。


インターハイは
全国高等学校体育連盟の主催で行われ

開催される競技は
高体連参加競技です。

でも
中には高体連参加競技でも
インターハイから独立して開催される大会があったりして

「全国高等学校○○」といっても
すべてインターハイとは呼ばれません。

高体連に参加していない
高校生のスポーツ大会もありますから
ココらへんはちょっと複雑ですね^^;




スポンサードリンク

スポンサードリンク

こんな記事も読まれてます♪

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ